放送日 2016年4月~9月
キャラクターデザイン 大塚真一郎、坂井久太
原作 長月達平
おすすめ度 ★★★★☆
評価 超良作

どのような方におすすめか?

・異世界もののアニメを楽しみたい方

・ファンタジーが好きな人

・可愛いキャラクターが出てくるアニメを楽しみたい方

・かっこいい戦闘シーンがあるアニメを楽しみたい方

レビュー・おすすめポイント

異世界転生モノ

『Re:ゼロから始める異世界生活』はライトノベルとして2012年に発表され、その後2016年にテレビアニメ化されています。

近年多い異世界転生モノで、引きこもりの少年のナツキ・スバルが突然エルフや魔法使いが住む街に転生する話です。
異世界モノらしく、王都や魔法使い、悪魔との戦いなどが描かれます。特徴的なのは、これがループものという点なんです。
ループしていくことによって徐々に話の全体像が分かるというもの。タイムトラベルものが好きな人にはおすすめですね。意外性のある展開に引き込まれると思いますよ。ライトノベル原作ですが、ストーリーはかなりしっかりとしていて、本格的なファンタジーものが好きな人にもおすすめできますね。登場するヒロインたちも非常に可愛らしく、萌えアニメとしても楽しめます。ヒロインは人間とエルフの間に生まれたエミリアというお姫様です。なんといっても人気なのが、双子の妹であるレムです。エミリアの家のメイドの少女で、青い髪がトレードマークですが、この子がとても可愛い。人気キャラです。主人公のスバルを全力で愛するいじらしくも献身的な女の子です。戦闘では打って変わってたくましく悪魔的な力でパワフルに戦っていきます。

大きな展開が見事

Re:ゼロから始める異世界生活の魅力は複雑で大きな展開のあるストーリーです。
異世界転生モノは主人公が極端に強いか、極端に弱いかのどちらかですよね。この話では、主人公のスバルは特殊能力の持ち主ですが、反面とても弱い面も持ち合わせており、仲間とともに世界を牛耳る悪魔的なラスボスに立ち向かう姿を描きます。

双子の妹であるレムは、あくまでスバルを全力でサポートしていきます。その姿のいじらしさや愛らしさは魅力たっぷりですよ。スバルの能力は「死に戻り」と呼ばれていて、いったん殺されたり崖から突き落とされたりして死ぬと、一定のポイントに戻るという能力です。戻っても、その前の記憶があるので、危険を未然に回避することができます。これを上手に絡ませたストーリーはハラハラドキドキの連続で、飽きさせません。アニメは2クールで全25話ありますが、途中ダレることなく最後まで楽しく視聴できますよ。キャラクターはエミリア、レムなどの可愛い女性キャラだけでなく、魔女の狂信者であるポエテルギウスや貴族の末裔であるロズワールなど、一癖も二癖もある男性キャラも楽しいです。ストーリーは一言で要約できないくらいに複雑ですが、すんなり理解できると思います。演出も良いですし、背景も非常に美麗です。

見どころがたくさん

Re:ゼロから始める異世界生活はストーリーの序盤から見せ場がたくさんあって、長編アニメに良くある序盤のスローテンポがないんですよね。最初からスバルの能力が発動されて、まずは危機的な場面を回避していきます。最初の数話で全体の内容をいったんまとめておいて、そこからレムとラムの双子の姉妹と出会います。その後は、各話ごとにこの世界の成り立ちや、魔術師や戦士などを交えて華やかに展開していきます。お約束の女性キャラの可愛らしいえっちなカットもたくさんあって、ドキドキしますね。特にレムが可愛いです。この子は2016年アニメのなかでも女性キャラとして人気が高く、姉のレムとともに誕生日には各地でイベントが開催されるくらいなんですよ。スバルはごく普通の、むしろちょっとウザいくらいに「いい加減」な男ですが、そこが逆に魅力的というナイスキャラなんですよね。結構クズなんですが、そこをうまくギャグ処理してあって笑えます。ラストの爽快感は抜群で、アニメのキャラクターたちと一緒に勝利を祝える気持ちになれます。

まとめ

元なろう作品からラノベ化された作品で、なろう作品によくある異世界転生ものです。
他だと主人公最強だったりどんどん強くなっていく王道ストーリの物が多いですが、この作品はそれらと比べると異色の作品と感じました。

その中では、大成功している作品だとも思っています。スバルには死に戻りという能力を得ていますが、戦闘スキルや、特殊能力でピンチを乗り切るような力はないけれども死ぬ前の記憶をもとに危機的な場面を回避していくところはハラハラ・ドキドキさせてくれる展開が多くありとても楽しめました。

異世界モノだけども強くはない主人公という異色な感じの作品でしたが、一度見るとその世界観にのめりこまれると思いますので、戦闘好き、可愛いキャラクターが好き、異世界モノが好きという方には是非おすすめできる作品です。

ムービー

関連リンク

Twitterでフォローお願いします♪

おすすめの記事