発売日 2015/12/27
メーカー インレ
ジャンル アドベンチャーノベル
原画 ぬい
シナリオ 葉山こよーて
価格 6,995円
おすすめ度 ★★★★☆
評価 超良作

シナリオについて

最初は護衛系のシナリオかなと思い購入したのですが、いきなり主人公が空き家生活というぐれた感じだったのでびっくりしました。

メインシナリオは全部で10章に分けられていて、各章が程よい長さですんなりと楽しめることができます。
このメインシナリオの引き込み度が高く、1章から10章まで進めていくうちに先が気になって辞めれないほどでしたw

序章は、主人公が風早 永遠を本当に守り切る力があるのかどうかのテストが行われているところから始まりました。

状況把握、金、戦闘能力など様々な試練を難なく突破する拓海はめちゃくちゃかっこよかったです。

主人公である拓海は数々の試練を乗り越え本作のメインヒロインである「風早 永遠」のボディーガードをすることになります。
ここから物語がどんどん進んでいきます。

タイトルにもあるようにこのゲームは風早 永遠のための作品でしたね
メインシナリオである10章からアフターストーリーまでだれることなくサクサクとすすめることができました

ところどころに出てくるバトルシーンは動きなどがあり躍動感があって戦闘中の駆け引きなんかも楽しめましたし、
仲間との結束力の高さには感動しました。

仲間との結束力、信頼しあっている中だからこそメインシナリオの最後は堪えました。
基本的なシナリオは十分満足でしたが、最初に出てきたサブキャラクターとの絡みなどももっとあれば面白かったと思いました。

各ルートについて

風早 永遠ルート

声が出なくなってからのお話です。
声が出なくなった永遠を拓海が一生をかけて幸せにしていく決意から
契約書を破いて自分が決めた道を誰の指図も受けずに歩くといったシーンはとてもカッコよかったです

声を取り戻すところの演出からラストにかけての盛り上がりはすさまじかったです。
かなり楽しめただけあってもっと長く楽しみたかったと思うほど素晴らしかったです。

片瀬 郁乃ルート

両親が夜逃げしたのですが、お金の問題が解決して家に戻ってお店を再建していこうという話ですが、
基本Hシーンをみせるためのシナリオなので実家に戻ることもありませんw
アフターストーリー永遠ルートと比べると莉亞ルートにも言えるのですが、クオリティの差が激しすぎて残念に見えてしまいました。

真名瀬 莉亞ルート

郁乃ルートと同じくHシーンを見せるためのシナリオなのですが、あれだけメインシナリオでツンツンしてたのにいきなりエッチしようというのは、え…?ってなりましたね
違和感が残ったルートではありましたが、永遠ルートとはしおらしい莉亞を見ることができました。

音楽について

バトルシーンのBGMは臨場感を非常に引き立たせてくれて、感情移入しやすかったですね
泣けるシーンなんかのBGMも雰囲気によくマッチしていてよかったです。

システムについて

セーブデータ数等などの基本のシステムには文句ないのですが、バックジャンプ機能が欲しかったですね

まとめ

神ゲーにもなりえた作品

インレさんの作品は、初めてなのですがこのゲームはとても楽しめました。

プレイ時間で言うと10時間くらいとすこし短めですが、その短さの中にギュッと濃縮された感じですね
メインシナリオについては、全体を通して結構血なまぐさいところが多くタイトルからは想像できないほど、グロいシーンなどがありました。
バトルシーンなんかも動きがちょくちょく入っていて力が入ってるなーと思いましたし、目から光みたいなのが出ているところもカッコよかったです。

残念な点が一つだけあり、アフターストーリーというには短すぎる・単純すぎるというのが正直な感想でした。
エッチシーンを見せるためだけのシナリオって感じが否めませんでした。

莉亞ルートはお互い仕事で忙しいながらも2人で幸せになっていくところをもう少し具体的というか描いてほしかった所ですね
郁乃ルートについては、家族が夜逃げしたのに打ち解けすぎてて、最初に感じたかわいそう…ってのが吹き飛びましたねw
それはそれでまぁいいんですけど主人公を家に招いた後の話も気になるところでした。(ちょっと消化不良感がね…)

アフターストーリーの上のお二方を除けばメインシナリオの完成度は高いものだと思いますので、
シナリオゲーが好きな方、可愛いキャラクターが好きな方などプレイ時間もそこまで長くないので気軽に楽しめるかと思います。

ムービー

関連リンク

Twitterでフォローお願いします♪

おすすめの記事