Rewrite+
発売日 2012/07/27
メーカー Key
ジャンル 学園恋愛アドベンチャー
原画 樋上いたる
シナリオ 田中ロミオ / 竜騎士07 / 都乃河勇人
価格 6,264円
おすすめ度 ★★★☆☆
評価 良作

シナリオについて

Rewriteのファンディスク

アニメ化もされた「Rewrite」は、Keyブランドの代名詞ともいえる有名作品ですよね。自分も大好きで、各ルートを攻略して楽しんでました。

で、「Rewrite Havest Festa」なんですが、これは完全なRewiteのファンディスクです。それぞれのヒロインルートのアナザーまたはアフターのストーリーになってます。正直、それ以上でも以下でもない印象ですね。Rewriteの世界はいったんハマるとなかなか抜け出せない魅力があります。それにずっと浸っていたいという人向けです。本編のほうで、一応は結末は提示されてますし、シナリオ的には完全に終わっているルートもあります。基本的にはRewriteのアフターストーリーが多いんですが、ヒロインによっては別の世界線でのアナザーストーリーになってますね。やりたいようにやってみたという何でもありのゲームかなという感じです。

本編に比べて全体的にノリが軽くて、ギャグ的になってます。ファン向けですので、そういうのもあっていいかなと思いますね。本編ヒロインの5人それぞれに攻略できるストーリーになってます。

各ルートについて

神戸 小鳥ルート

神戸小鳥ちゃんルートです。本編の小鳥ルートは完全にストーリーは終わっていて、続編は作りにくいラストでした。やはりちょっと微妙かなという思いですね。ファンにはたまらないですが、やはりファンディスクという感じかなぁと思います。

鳳 ちはやルート

鳳ちはやちゃんルートは本編から引き続いた感じのストーリーで、ひたすらイチャイチャするというものになってます。

前作の話とは打って変わり、ギャルゲー風の恋愛要素寄りのシナリオになっておりシリアスな感じなどは払拭されています。

千里 朱音ルート

千里朱音ルートは、前作とは違い完全なパラレルワールドのシナリオです。

ヒロインたちも過酷な運命を負わずに学生らしく楽しそうに楽しんでいる様が描かれておりこれはこれでファンディスクなのでありなのではないでしょうか?

部員達と一攫千金を求め森の遺跡へ探検など学生らしい楽しさが表現されておりこころ穏やかな気分で楽しむことができました。

中津 静流ルート

中津静流ルートはアナザーサトーリーです。本編のラストは完全に次がない終わり方がったので、これは仕方ないですね。ノリはギャグっぽいです。

ゲーセンで江坂さんたちと大人と学生の真剣勝負などアホらしくて笑ってしまいます。

前作のような重々しいシナリオからガラリと変わったので、完全に違う話として捉えると楽しめるかもしれません。

此花 ルチアルート

此花ルチアちゃんは、いつもの竜騎士先生の独特な世界観が展開します。この子だけ常にシリアスな展開ですね。クローンや生体アップロードといった「おっ」と思わせる設定が出てきます。ルチアルートじゃないと出てこないですよ、こういうのは。

真剣なバトルがあるのもこのルートだけですので、バトル好きな人は楽しめるシナリオになっています。

重たいだけでなくあかり(クローン)とルチアのキャラゲーらしいイチャラブ要素もありダブるルチアの水着シーンはインパクトが凄まじかったです。

音楽について

OP、EDともに前作と違い、ファンディスクということもあり結構軽い感じの曲調になってました。

Havest Festaとあるように幸せな感じがして中毒性はあまりありませんでしたが、よくマッチしていて良いと思いました。

システムについて

ゲームシステムについては、前回から真新しいことはなくセーブ数やスキップ機能など満足でした。

ひとつ本編とは違うすごいことがありました。

それはRewriteクエストというミニゲームのようなものですが、本編よりもやり込み要素が高くプレイしてた頃はこれにどっぷりはまっていました。

まとめ

おまけが本編?

シナリオを厳しく見ると正直、物足りない面もあります。安いですし、充分ファンディスクとしての楽しみはあるかと。

ただ、これはすべてのシナリオがクリアした後にあるミニゲームがあって、これはやりがいがあるんでしょ。ミニゲームですんで「おまけ」なんですけど、こっちのほうが本編か?というくらいに良かったですね。6人でパーティを組んでダンジョンを潜って敵を倒してアイテムを集めてレベルを上げるという典型的なやつです。ひたすら進むでいくだけなんですけど、これが結構面白い。CLANNADをプレイしたときに智代アフターのおまけRPGみたいなものですね。あれも楽しかった思い出あります。ミニゲームがなければ、多少物足りなさがありますが、これで充分価格のモトは取ったかなと思いましたね。ファンにはおすすめですよ。

ムービー

関連リンク

Twitterでフォローお願いします♪

おすすめの記事