発売日 2013年6月28日
メーカー Key
ジャンル 恋愛アドベンチャー
原画 Na-Ga、樋上いたる
シナリオ 城桐央
価格 4,937円(税込み)
おすすめ度 ★★★☆☆
評価 良作

シナリオについて

クドリャフカのためのシナリオ

『クドわふたー』はリトルバスターズのファンディスクで、リトバスのキャラはクドリャフカしか出てきません。

佳奈多は一応登場しますが、他のキャラは一切登場しないという思い切ったクドリャフカのファンのためのシナリオです。

リトルバスターズの魅力は仲間たちとのくだらない日常のやり取りでしたが、そういったものはまったくないため、深刻な「ツッコミ不足」の状態です。

いつかどこかで現れるのかと期待しても無駄に終わります。その分、クドとのイチャイチャを堪能できます。彼女のファンであれば間違いなく楽しめます。

序盤の展開

前半はクドリャフカとの楽しい日常生活が中心です。途中でペットボトルロケットの大会が開催されてサブキャラとの絡みもありますが、前半は基本的にクドと仲良く過ごすふわふわとした世界です。

クドリャフカはリトルバスターズで散々な目にあっているので、こういったパートがあるだけ救われる感じがします。そういう気持ちを共有できる人であれば楽しめると思います

クリア後のルート解放

key作品に多く見られる「クリアしたらルート解放」がこの作品にもあります。

全ルートを攻略し終わった後に「after編」が解放されます。シナリオがここからぐっとシリアスに寄っていきます。

key作品のアフターというと智代アフターというファンには好不評が分かれる作品がありましたが、クドわふたーは後味は良くなっています。

「after」の後半は、リトバスのクドリャフカルートにあるようなシリアス展開ではなく、人間が自分たちの力で未来を手に入れるという点がまったく違っていて、他のkey作品にはない感動が味わえます。

サブキャラクターになかなか味のある子が登場しますが、サブキャラを攻略するルートはありません。あくまでクドリャフカがメインの一本道で、リトバスのファンにとっては多少驚きが足りない面もあるかもしれません。不思議な力で奇跡を起こすのではないという点では異色作でしょう。

クドが大好きな人には満足できる作品だと思いました。

ムービー

関連リンク

 

Twitterでフォローお願いします♪

おすすめの記事